人気ブログランキング |

little escape

タグ:銀塩 ( 18 ) タグの人気記事

視力6.0で見たニッポン

b0244424_2351395.jpg

今回もアイフォーンからの投稿です。

b0244424_2351474.jpg

b0244424_2351565.jpg

b0244424_2351569.jpg

東京スカイツリータウンのソラマチ5Fで開催されていた写真展。最終日最後の時間に滑り込んできました。写真家・天野尚さんが操る8×20インチの超大型カメラで写した日本の風景です。デジタルカメラ全盛の時代に、フィルムカメラを使う意義には、一瞬首を傾げます。

しかし紛れもなくフィルムでしか表現できない階調と色味、水蒸気や澱のような空気感。そして通称バイテン(8×10)をさらに横へ倍に拡げた超高画質は、現存するデジタルカメラでも追い付かない高画素であるとのこと。換算すると視力6.0相当になるそうです。

残念なのはここで紹介してから、この記事を読んで興味を持たれた方が写真展に足を運べないこと。もっと早くに行ってレビューすべきでした。しかし珍しく撮影可能な展示でしたので、その片鱗だけですが、アイフォーンで手ブレと闘って記録してみたものを数枚。

いまデジタル全盛の時代にあって、その速射性、大量生産性、即時再生力、加工耐性、低コストなど、フィルムが敵わない要素ばかりが重宝されています。それらは間違いなく優位な点ですが、忘れられているのは、記憶に結びついた記録性や一枚毎の表現力の重さです。

写真はデジタルの普及によって確実に撮影人口の裾野を拡大させ、アマチュアも含めた全体の技術レベルはアップしているように思います。しかし1枚の重みや価値について考える人は減りました。かくいうわたし自身もその一人です。バシャバシャ撮りまくっています。

いま一度、フィルムカメラを戸棚の奥から取り出してきて、当時の写真撮影・被写体への向き合い方を思い出してみようかと思います。現像が上がってくるまでのドキドキを忘れてしまったのは、写真の楽しみの大きな要素を失ったに等しいのかもしれません。
by sukakichi2 | 2015-05-26 22:32 | 東京日乗

あれから、一ヶ月が過ぎて

b0244424_230260.jpg

シュウが去ったのは11月の初旬でした。約一ヶ月が経ちました。実家に帰れば、今でも玄関に出てきそうな予感がします。
静かな夜、遅くに帰宅すると野太い声で玄関に躍り出てきたシュウ。ただいま、の一言でピタリと泣き止んで静まりました。
嬉しくてたまらないのをお互いに抑えるような阿吽の呼吸で、毎度楽しみでした。次に帰っても、もうそれは出来ません。
三日もいればお客さん扱いから次第に降格していき、日常的に意思疎通ができている両親に勝てないのを悟ります。
だから、実家に帰るのは三日間までと決めていました。次回帰るのが怖いような寂しいような、複雑な気持ちです。

最期の日々、苦痛からかずっと泣き続けていたその声が、まだ耳から離れません。
ささやかな散骨の儀式をしたいから、どこかで帰ってきてね、という親の言葉に、まだ応えられていません。
by sukakichi2 | 2013-12-04 23:17 | 横須賀・三浦

GLOBE

b0244424_1085260.jpg

伊勢旅紀行は一息入れて、代わりに宇宙へ行ってきた時の模様を。・・・そんなわけがありません(汗)

b0244424_1010467.jpg

地球を模した巨大な球体が天井から吊るされています。表面の映像は常に動いていて、非常にリアルです。

b0244424_10115686.jpg

作り物だと知っていても、思わず見とれてしまう動き。雲が流れたり、温度とか緑の分布なども表示しています。

b0244424_10141588.jpg

広い吹き抜けの空間にあるので、各階から球体を眺めることができます。奥の通路からは間近に観察できます。

b0244424_10155223.jpg

一階には観賞用のソファが置いてあり、みんな自然と横になって上を向いています。ここだけ見ると、なんだかアヤシイ。

お台場にある日本科学未来館にて。子供向けではありますが、大人だって楽しめます。科学が身近に感じられます。
企画展がときどき面白い内容です。建物にも特徴があって、箱モノ観察目的だけで来ても楽しめるロケーション。
by sukakichi2 | 2013-08-09 10:21 | 東京日乗

夏の車窓から1

b0244424_341695.jpg

トンネルを走る列車から眺める、先頭の風景が好きです。真夏の深い色をした緑が、出口の先に待っています。

b0244424_381728.jpg

新しい路線ではトンネルが多いものですが、古くに建設されたところでは、自然地形に忠実に沿う場合が多いです。

b0244424_36503.jpg

昔はトンネルの掘削や大鉄橋を架ける技術がなく、川沿いに走って、峠の手前ギリギリまで登りつめる線形でした。
そうした制約から、駅は現在のように思い通りの位置に建設することができず、町外れに作られることもありました。
この結果、全国には「鉄道建設を街が拒否した」という逸話が作られる結果となりました。鉄道忌避伝説というもの。
宿場町が廃れるから遠ざけられた、汽車の煤煙で蚕が死ぬから嫌われた、などの逸話が作られてしまいました。
これらの話の多くは現在、学問的に否定されています。郷土史家や学校教育で流布されてしまった結果だとか。

「鉄道忌避伝説の謎」(吉川弘文館) 青木栄一 著 ・・・旅好き&歴史好きのわたしには、とても面白い一冊でした。
by sukakichi2 | 2013-08-02 03:20 | 旅のどこか

山寺の夏 sanpo

b0244424_1203095.jpg

山の中にある寺は全国に星の数ほどあるかと思いますが、山形県にある立石寺は、ただ「山寺」の代名詞で通じる古刹です。
江戸時代、かの芭蕉も訪れたという立石寺。「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」という、あまりにも有名な一句を詠んだ土地です。

b0244424_1244719.jpg

断崖の上に飛び出すように造られた「五大堂」。風が心地イイ~。眼下を走る仙山線の電車が小さいです。

b0244424_844097.jpg

仙山線の山寺駅ホームから、立石寺側を見た絵。まさに断崖絶壁。急斜面の山上に四つほど屋根が見えます。

b0244424_810478.jpg

わかりにくいので、アップで撮りました。五大堂は左端。これはよくぞ造ったものです。

b0244424_8134224.jpg

断崖に貼り付くように点在する建物。もし木が生えていなかったら、さぞや恐ろしい眺めでしょう。

b0244424_8151439.jpg

長い急な石段を昇ってたどり着く仁王門。芭蕉と同じ季節の夏を選んだことを、ちょっと後悔する暑さでした・・・
セミの大合唱を聴きながら、数百年前、おそらく今と変わらぬ風景を見ていた芭蕉の心に、思いを馳せました。


下の記事にコメントのお返しができておらず、申し訳ありません。今夜にはお返事を書きたいと思います。
by sukakichi2 | 2013-07-23 08:23 | 南東北

BLUE LAKE BLUE sanpo

b0244424_2574147.jpg

とある湖畔を自転車で周遊しているときに、木立の向こうに見えた水面の色に、思わず引き返して撮りました。
倒木がまたいい味を出していたんです。この木は数年後に訪問した時にもあったから、なかなかシブトイです。

b0244424_3103799.jpg

水面に近づける場所では、魚が大量にいて驚きました。なんという青さ!でもちょっとフィルムの特性もあるのかも。

b0244424_3135593.jpg

有名な辰子姫像が輝く、秋田県の田沢湖です。右の奥には前に紹介した秋田駒ケ岳の姿が見えています。
水面の色は年中こんなに美しいのかわかりませんが、この時の夏は見事なものでした。泳ぎたくなります。
・・・水泳が苦手だけど。
by sukakichi2 | 2013-07-20 03:18 | 北東北

夏のキャンプ

b0244424_2404839.jpg

ゲゴ。

b0244424_2412131.jpg

柔らかな草地にカエルさんを見つけました。かなり急接近して撮っていても、まったく動じる気配がありません。
木漏れ日が美しくて、こういう場所で昼寝をしてみたい!いや、どうせならここにテントを張って一泊したいです。

b0244424_243121.jpg

というわけで、木陰にテントを張ってしまいました。涼しい風が吹き抜ける、一夜の宿。洗濯物はお隣さんのです。
風通しの良いテントならば、酷暑でもしのげます(モンベル・ムーンライト3型)。そういえばカエルさんはどこかな?

b0244424_246440.jpg

・・・全然動いていませんでした。

b0244424_2475210.jpg

少し大きめのテントを持っていると、快適なアウトドアライフを過ごせます。怪しいキャッチ風の文章ですね。
ここは岩手県の龍泉洞青少年旅行村。写真左のような常設テントもあるので、持参しなくても泊まれます。

b0244424_2571256.jpg

最後まで移動しなかったカエル。ここはわれわれの場所である!とでも言ってそうな感じ。

 
by sukakichi2 | 2013-07-19 03:48 | 北東北

夏のムーミン谷 sanpo

b0244424_1254139.jpg

訪れたのがたった一度、それも駆け足で巡っただけなのに、強烈な印象を残すことが、稀にある気がします。
秋田県の名山・秋田駒ケ岳に登ったのはもう5年以上前のことですが、いまだにあの景色が忘れられません。

b0244424_1294612.jpg

一枚目の後方に写る黒い斜面の上から、反対の方向を撮った写真。ここは通称「ムーミン谷」と呼ばれる山の秘境です。
花の楽園です。囲まれた土地に伸びる木道。メインとなる登山ルートから外れて、わざわざ下ってこないと着けません。

b0244424_1333289.jpg

険しい地形は、まるで人の立ち入りを拒むような自然の意思を感じます。遠回りでも、寄り道する価値があります。
実際は現地へ行くまで知らなかったエリアでした。登山口に「超オススメ」と書かれていて、興味を惹かれました。

一面に花畑が広がる谷は、冬にはきっと深い雪に閉ざされるのでしょう。北の国の夏はあっという間に終わります。
厳しい自然環境であるがゆえに、逆に太古から続く原風景を今の時代に残してくれた、とも言えるような気がします。
by sukakichi2 | 2013-07-18 01:43 | 北東北

湖畔 - 夏の夕暮れ

b0244424_0163946.jpg

湖畔を赤く染める夕焼けが、猛暑の日の最後を締めくくるように、鮮やかな色をいつまでも残していました。

b0244424_020197.jpg

その約1時間ほど前に遡ります。傾いた日差しはそれでもまだ暑く、湖畔で遊ぶ子供たちは名残惜しそうです。
このあとで近くのホテルの温泉を借りて入浴。上がって出てきたら、一枚目の風景が展開していたのでした!
by sukakichi2 | 2013-07-17 00:23 | 旅のどこか

夏景色

b0244424_003621.jpg

雄大な景色のなか、雲が自己主張していました。上空は風が強くて、雲は刻々と形を変化させて通り過ぎます。

b0244424_01243.jpg

この坂道を登りきって丘の上に出たら、もしかしたら空しかないんじゃないか?と思ってしまうような景色でした。
by sukakichi2 | 2013-07-16 00:04 | 旅のどこか