人気ブログランキング |

little escape

タグ:野生動物 ( 20 ) タグの人気記事

撮影トレーニング@宮津湾2 sanpo

b0244424_2348295.jpg

ふたたび海上で撮影したカモメシリーズ。背後には天橋立の森が連なり、後方からは賑やかなボートが追走してきます。
こんなに間近で鳥を観察できる機会はあまりないでしょう。失敗を恐れず、メモリ一杯になるくらい撮影をします。

b0244424_0373628.jpg

ケーブルカーを降りて元伊勢大神宮籠ノ宮を通り抜けて戻ってきた天橋立の付け根。一之宮駅から船に乗りました。
駅という名称もさることながら、どこか地方私鉄の電車の終着駅みたいな佇まい。鉄道の連絡運輸という位置付け?

b0244424_0474651.jpg

遠ざかる一之宮駅。この辺りから船の周囲をカモメが乱舞し始め、結局最後まで一緒の旅となりました。

b0244424_112289.jpg

乗船したのは比較的高速で走る船でした。撮影に適した二階建ての背が高い遊覧船も就航しています。

b0244424_182821.jpg

船を追いかけてくるカモメ。背後の山は1時間ほど前にいた、成相寺の奥地にある展望台付近だと思われます。

b0244424_1171969.jpg

今回一番大きく撮ることが出来た一枚。乗船客が撒く餌を求めて、驚くほど船に接近してきます。

b0244424_1322948.jpg

悠々と飛び続けていた、ひときわ大きな1羽。他の鳥と違って高いポジションから見渡すような動きでした。
風格のあるこのカモメは、もしかしたら群れのリーダーなのかもしれません。思わず見とれる飛行でした。










by sukakichi2 | 2014-09-22 01:38 | 京都

撮影トレーニング@宮津湾

b0244424_2314041.jpg

成相寺からバスとケーブルカーで下山。帰りは天橋立駅まで船に乗りました。船をカモメが追いかけてきます。
以前よりは性能が向上したカメラを手にしているので、良い練習の機会だと思い追いかけっこ。難しい〜

by sukakichi2 | 2014-09-20 23:27 | 京都

夜の使者

b0244424_23514421.jpg

キモチワルイと感じる人も多いかと思います。承知の上で掲載したのですが、不快だった方には申し訳ありません。

でもこの子は意外と可愛いのです。悪さはしません。すぐに逃げてしまうので撮影するのが大変なのです。
昨晩、玄関の扉の外で撮影。街灯はあるのですがかなり暗く、その意味でも撮るのに大変苦労しました。
明るいレンズのお陰でどうにか捕捉。最近多用しているジオラマモードは今回、使っていません。

by sukakichi2 | 2014-09-10 23:57 | 吉祥寺界隈

伊根湾に集まる鳥

b0244424_3561280.jpg

伊根の舟屋群を海上から楽しめる遊覧船。餌付けが半ば名物と化していて、鳥たちは貪欲に集まってくるのです。

b0244424_3581667.jpg

カモメに混じって大きな猛禽類も参加して、ときに争奪戦となります。大きな鳥の目当ては、あくまで人が放る餌。
一枚目はまるでカモメを大きな鳥が襲ってきたようにも見えます。とっさに思いついて撮ったら、意図通りの結果に。

それにしても丹波エリアの海ではどこでも、野鳥への餌付けが放置状態でした。非常に違和感を覚えました。

by sukakichi2 | 2014-08-16 04:03 | 京都

ご近所さん遭遇

b0244424_8103477.jpg

翌朝回収の生ゴミを点検中のご近所さん。最初はネコかと思いました。わたしの存在に動じる気配がありません。

b0244424_8163763.jpg

しかし突然出現した車の音と光りには驚いたようです。ここでいったん退散しお別れとなりました。

b0244424_8192997.jpg

でも数百メートル歩いた先の違い路地で、ふたたび遭遇。あちらは「またお前?」と驚いた様子です。
わたしストーカーじゃありません。でも去ってゆく後ろ姿に哀愁を感じ、一枚撮らせてもらいました。
住宅街ではありますが、大きな公園や女子大のキャンパス、中学校など、周辺にはまだ緑が多く残っています。
たくましく生きる姿に「がんばれよ」とつぶやいていました。すこし動きが緩慢なのが心配でした。

by sukakichi2 | 2014-06-05 08:25 | 吉祥寺界隈

二見浦にて

b0244424_0444434.jpg

海から突き出した巨大な岩山、という印象を持っていた二見浦の夫婦岩。鳥が常に止まっていて絵になりました。

b0244424_0482680.jpg

でも実際には、思ったよりも大きくありませんでした。正直言うと写真や映像で見るよりも、迫力も今ひとつでした。

b0244424_0503044.jpg

理由はいくつかあって、1.やや期待感が大きすぎたこと。 2.訪問するべき時間を誤ってしまったこと。つまり・・・

b0244424_0511985.jpg

このように水がない状況の時間帯に来てしまったのが駄目でした。画像検索すると満々と水を湛えた海中の岩ばかり。
渇水期の滝やダム、水の止まった噴水を見るがごとく、あるべき海がない裸の状況は、なんだか物足りないのでした。

でもこればかりは仕方がありません。広島紀行で宮島の厳島神社を訪問した時にも、潮の干満で風景が一変しました。
しかしそれは現地へ行って初めて認識したことであり、こうしたタイミングによる失敗は、旅では付き物だと思っています。

あと一つ、余談ですが「二見浦」は「ふたみがうら」と呼ぶのですが、参宮線の駅名はなぜだか「二見浦(ふたみのうら)」。
バスの切符を買ったときに行き先を相談した際にも、販売する係員は「ふたみがうら」を訂正するように返事しました。
不愉快とかではなく、なんだかモヤモヤしてしまう違和感が残ったのでした。今回は相性が良くなかったのかな。

夫婦岩の中央から昇る日の出は、見ごたえがあるそうです。一度現地で見てみたいものです。
by sukakichi2 | 2013-11-16 01:03 | 伊勢・志摩

ヤモリ後日談

b0244424_9531328.jpg

b0244424_9531375.jpg

b0244424_953132.jpg

虫や爬虫類の苦手な方、冒頭からすみません。ここに載せることにはちょっと迷ったのですが、前回は比較的反響が良かったので、出してしまいました。

一枚目、夜帰宅すると玄関横の外壁にいました。しばらくぶりに見かけました。何かを見ています。
二枚目、ヤモリは下方を狙っているのがわかりました。しかもジワジワゆっくり接近しています。
三枚目、ターゲットは小さなセミでした。まったく逃げる気配なし。捕まるのは時間の問題?

・・・・・

結局、わたしの気配を察したヤモリがサッと退散。目にも止まらぬ速さ!いい動きをしています。
この子はわが家のあるアパートに棲みついた様子。何を気に入ってくれたのかな。虫の多さ?笑
何度か夜に見かけていますが、見るたびに大きくなっていくのが面白いです。
by sukakichi2 | 2013-09-09 09:53 | 吉祥寺界隈

苦手な人はごめんなさい

b0244424_2003155.jpg

今日アップする写真は、見る人によっては大変不愉快なものです。爬虫類が苦手な方は、MORE以下を見ないでくださいね。

More
by sukakichi2 | 2013-08-19 21:02 | 吉祥寺界隈

夏のキャンプ

b0244424_2404839.jpg

ゲゴ。

b0244424_2412131.jpg

柔らかな草地にカエルさんを見つけました。かなり急接近して撮っていても、まったく動じる気配がありません。
木漏れ日が美しくて、こういう場所で昼寝をしてみたい!いや、どうせならここにテントを張って一泊したいです。

b0244424_243121.jpg

というわけで、木陰にテントを張ってしまいました。涼しい風が吹き抜ける、一夜の宿。洗濯物はお隣さんのです。
風通しの良いテントならば、酷暑でもしのげます(モンベル・ムーンライト3型)。そういえばカエルさんはどこかな?

b0244424_246440.jpg

・・・全然動いていませんでした。

b0244424_2475210.jpg

少し大きめのテントを持っていると、快適なアウトドアライフを過ごせます。怪しいキャッチ風の文章ですね。
ここは岩手県の龍泉洞青少年旅行村。写真左のような常設テントもあるので、持参しなくても泊まれます。

b0244424_2571256.jpg

最後まで移動しなかったカエル。ここはわれわれの場所である!とでも言ってそうな感じ。

 
by sukakichi2 | 2013-07-19 03:48 | 北東北

船旅のお伴?

b0244424_18274188.jpg

船に付かず離れず、寄り添って飛び続ける鳥たちの多いこと!こんなに近くで見られる機会は滅多にないので、じっくり観察します。

More
by sukakichi2 | 2013-05-11 20:17 | 備讃瀬戸の島々2