人気ブログランキング |

little escape

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

道志みちを行く


b0244424_0135058.jpg

国道413号線「道志みち」と聞いて、胸が騒ぎだす人もいることでしょう。ここは二輪ツーリストたちの聖地です。
ライダーが多かったのですが、特に近年、自転車が非常に増えています。わたしは50ccの原付で快走しました。

b0244424_0435348.jpg

まったく通行がない静かな時間があるかと思えば、上下線ともにバイクと自転車がまとめて通過したりします。

b0244424_049327.jpg

相模川水系の道志川に沿って走るR413。途中の橋に寄り道をして、その清流を観察出来るポイントを探します。

b0244424_14963.jpg

清流です!そしてこの季節にしか見られない瑞々しい新緑の森。道志川の美しさに魅了され、前に進めません。





OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + LEICA DG SUMMILUX 25mmmm F1.4 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-27 00:03 | 少し遠くへ

曲線の造形美


b0244424_821884.jpg

b0244424_8215111.jpg

b0244424_8223087.jpg



OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-26 08:24 | 少し遠くへ

湖畔の風景


b0244424_23402719.jpg

河口湖。対岸には富士急ハイランドが見えています。こんな長閑な湖畔の風景は想像していませんでした。

b0244424_23413485.jpg

賑やかな岸辺とは遠く離れた湖畔には、有名な湖でも別の表情が見られるかもしれません。大石公園にて。


OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

by sukakichi2 | 2015-06-24 23:57 | 少し遠くへ

ラベンダー咲き始めました3


b0244424_1254780.jpg

透き通るような光を感じながら、ラベンダー畑で撮影を続けます。実はここ、画面のすぐ奥に水面がある湖畔です。

b0244424_1351786.jpg

ラベンダー畑を小道が通っていて、多くの人々が歩いていき途切れません。逆手に取ってシルエットを拝借します。

b0244424_1403769.jpg

北海道のような涼しくて、カラッとしている水捌けの良い土地でしか育たないのかと思っていました。

b0244424_144184.jpg

ここは山梨県の河口湖畔。北岸にある大石公園のラベンダー畑です。湖越しに富士山を望める、人気の公園だとか。

b0244424_1452452.jpg

ところがこの日は残念なことに、午後から曇天で富士山が見えず。でも曇っている方が花は撮りやすいんです。
これは難しい選択ですよね。花撮り専門ではないこともあってか、できれば富士を拝みたかったわたしです。

今回は光の柔らかさを意識して、ややオーバーめのセッティングで撮影した写真を並べてみました。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

by sukakichi2 | 2015-06-24 01:59 | 少し遠くへ

ラベンダー咲き始めました2


b0244424_2101092.jpg

一面の紫色、というほどの咲きかたはしていませんでした。しかし咲き始めた花々には蜂が集まってきていました。

b0244424_2105850.jpg

すこし花が多めのところを、望遠レンズで狙いました。見た目以上に密集している感じが表現できました。

b0244424_216534.jpg

ラベンダーについてはあまり多くを知らないのですが、見たところいくつかの種類があるようです。

b0244424_2165532.jpg

紫と黄緑というのは案外相性がいいのかもしれません。紫で埋め尽くされる前のいまが限定。場所は…また次回に。


OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

by sukakichi2 | 2015-06-23 02:33 | 少し遠くへ

ラベンダー咲き始めました


b0244424_23563326.jpg

すこし光が足りませんが、咲き始めのラベンダーが見事でした。もちろん北海道の美瑛…なわけがございません。


OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

by sukakichi2 | 2015-06-21 23:57 | 少し遠くへ

K峠の旧道へ4


b0244424_2202873.jpg

ひときわ急なカーブを抜けた先には古めかしい隧道がありました。ひび割れや汚れが隧道の歴史を物語るようです。

b0244424_2214373.jpg

「成月二年五正大」と読める扁額の文字。なんとこれは大正隧道でした。大正5年は西暦1912年。100歳超えです!

b0244424_222446.jpg

八王子市とあきる野市の境界にある小峰峠。一世紀もの年月、人や車を通してきました。今は風が抜けるばかり。

b0244424_2254075.jpg

隧道に入ったときから坑内と反対側の状況が気掛かりでした。しかし照明&綺麗な路面。小峰峠の看板が残ります。

b0244424_2264126.jpg

反対側の坑門。こちら側の方が綺麗ですね。丁寧に積まれた煉瓦、門を思わせる柱。隧道内は補修されたようです。

b0244424_2273437.jpg

今回はあきる野市側から八王子側へ抜けました。隧道を抜けたところで記念撮影。しかし照明設備とは驚きました。

b0244424_229926.jpg

ここまでの道の様子から、きっと荒れ果てていて通れないかもしれないと思ったのですが。遊歩道のようでした。

b0244424_2293657.jpg

八王子側の道を少し進んでみます。隧道から見えた案内標識の裏側は綺麗な状態。まるで現役の道にあるかのよう。

b0244424_22101088.jpg

しかし離れてみればご覧の有様です。生い茂る木々の枝に隠れてしまいました。道自体も状態がどんどん悪化します。

この区間は隘路でしたが、並行して新小峰トンネルが掘られた結果、2002年に旧道化され閉鎖されました。
比較的最近です。大型の路線バスが通行していて、その最終日の模様をレポートしたサイトを見つけました。
下に載せた地図ではまるで現役の道のように描かれていますが、実際は歩行者限定の遊歩道みたいな状況です。





OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-21 23:15 | 東京日乗

K峠の旧道へ3

b0244424_3362767.jpg

かつて多くの車が行き交った道。旧道となった今では緑に浸食されて、徐々に地上から姿を消そうとしています。

b0244424_3364784.jpg

いったんアスファルトやコンクリートで固められた道路だって、放棄されれば次第に自然に還っていくのですね。

b0244424_3373147.jpg

急カーブの連続。もともと狭かった車線ですから、ここでは大型車同士のすれ違いに困難を極めたことでしょう。

b0244424_3374885.jpg

旧道や廃道では高い確率でミラーが失われていることが多いです。ここはまだ健在。落石が少ない地形だからかも。

b0244424_346028.jpg

ヘロヘロと頼り無さげに続いていくセンターライン。反射板かなにかが等間隔に設置されていた痕跡がありました。

b0244424_3462725.jpg

直角カーブの先には何が待つ?この厳しさを知らずに通行した経験の浅いドライバーは、さぞ困惑したことでしょう。

b0244424_3471337.jpg

そしてまたカーブが待っています。山が迫ってきて前が薄暗くなってきました。この先にはトンネルがあったそうです。
もう道には逃げ場がなく、すぐにもトンネルに到着するでしょう。果たしてどんな風景が待っているのでしょうか?


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-20 04:11 | 東京日乗

K峠の旧道へ2

b0244424_23383218.jpg

道の真ん中にしゃがみ込むと、どこか罪悪感がジワリ。もはや一台の車も通さない旧道なので、道の魅力を味わえます。
大きなS字カーブの黄色い中央線。地面に近づいて撮ると、カーブに合わせて道がバンクしてる様子がわかりました。

b0244424_23385031.jpg

同じ地点から旧道の入口方向を振り返った写真。カーブの中央線に沿ってヒビ割れているのか、草が縦長に続きます。

b0244424_23414767.jpg

カーブの頂点では、森を形成しつつあります(笑)いや本当に何もしなければ、この道は緑に包まれるのでしょうね。

b0244424_2342453.jpg

さらに少し先へ進んで振り返ります。原付の先に見えるカーブが上の3枚の写真の地点。山側の車線は消滅寸前です。

初夏、緑が育ちつつある季節。これから迎える夏を前にして、訪問時期としてはぎりぎりセーフだったのかも!


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-18 23:51 | 東京日乗

K峠の旧道へ1


b0244424_2585698.jpg

導入から始まる廃なる予感。かつて大型の路線バスも走ったという道路です。急カーブの後に奥へと続きます。

b0244424_39289.jpg

入口部分は塞がれていました。しかし脇から通行が可能です。良い子は真似してはいけません。

b0244424_3133395.jpg

急カーブの先はすぐまたカーブになっていて、奥までは見通せませんでした。植物が旺盛に茂り出しています。

場所は約1ヶ月ほど前に紹介した「F峠」と同じ東京都内です。旧道・廃道に詳しい人ならすぐにわかるのかも。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

by sukakichi2 | 2015-06-18 03:21 | 東京日乗