人気ブログランキング |

little escape

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブルーインパルス

b0244424_23355856.jpg

本日夕刻、ブルーインパルスが東京上空を飛行しました。勤務先からは遠い上にサイドビューのみ。しかも完全逆光でした。
国立競技場のお別れイベントの一環だったそうです。サッカーやマラソン、ライブなど、何度もお世話になった競技場。
仕事のためイベントに行くことは叶いませんでしたが、遠くを飛行する編隊を感慨深い思いで眺めました。
距離は離れていたものの、航跡は美しいものでした。でもやはり間近で見てみたかったものです。

職場PCからログインに成功!自宅のPCやネットワークに原因があるのでしょうか。久々に通常投稿です。
ん?仕事は?・・・ノーコメントです。

by sukakichi2 | 2014-05-31 23:40 | 東京日乗

江差駅その2

b0244424_2325374.jpg

別の日に訪問したときは駅の周辺だけが強い光を浴びていました。周囲の空には厚い雲が垂れ込め、そうはいってもすぐに天気が崩れだすわけでもなし。聞けば冬の江差はずっとそんな気候なんだそうですね。知らないで訪れると気が重くなるような空模様。でもこの感じ、嫌いではありません。

亡き祖母が一時期暮らしたことがある町。函館、江差、瀬棚、留萌、初山別、斜里。そのなかでも最南端の江差は内地の雰囲気がありながらも、やはり北の大地をかんじさせる土地です。しかしこの春、寂しい小さな港町の地図から鉄道が消えてしまいました。


この写真はiPhoneで撮影。案外うまく光を捉えてくれるのには、何度も驚かされました。
by sukakichi2 | 2014-05-28 23:25 | 北海道

北国の記憶

b0244424_2028163.jpg

北海道の南端にある海辺の町の小さな終着駅。悲願だった新幹線が開通するまえに、ひっそりとその歴史に幕を下ろしました。
近いうちにこの訪問記も書きたいと思っています。
by sukakichi2 | 2014-05-27 20:28 | 北海道

小駅暮色

b0244424_23265418.jpg

久しぶりの更新は、唐突にもローカル線の夕景。イルミネーションで彩られた小さな駅です。以前にもここで掲載した写真。今日職場で、わたしよりも遥か上の立場の方と偶然にもこの沿線風景の話題になって意気投合しました。かなり何度も足を運んで撮影されたそうです。
拙作を見せる機会はなかったのですが、もし出せるとしたらこれかな?と思います。

相変わらず更新以前の状態です。ブログにログインすると待たされた挙げ句に時間切れで、入れないままです。仕方なく不本意ながら携帯電話から投稿してみます。エキサイトから明確な回答はまだありません。皆様はそういう症状に陥ったことがありますか?
by sukakichi2 | 2014-05-24 23:26 | 旅のどこか

屋島山上からの眺め(前)【四国旅30】

b0244424_12471883.jpg

屋島は最高地点でも標高292m。木がたくさん生い茂る山であまり眺望が利かないのですが、時々視界が開ける場所はありました。屋島ケーブルの山上駅跡から遊歩道を屋島寺へ戻る途上にて。

b0244424_13394650.jpg

瀬戸内海に向かって突き出た半島状の屋島の、東側に広がる風景。河口付近まで住宅が建ち並んでいます。かつての古戦場の雰囲気はありませんが、屋島周辺の特徴的な地形には大変興味があります。

b0244424_134327.jpg

河口を隔てた向こう側には石切場と思われる掘削風景があります。おそらくはとても大きなはずの工作機械が、小さなおもちゃのように見えてしまうくらいのスケール感。

b0244424_1344861.jpg

引きの絵で見ると、冒頭から紹介した河口付近に点在する公園・住宅地・石切場の位置関係がわかります。中央の山が印象的な形です。険しい山のように見えます。

b0244424_13462865.jpg

四国霊場の一つ、八栗寺がある八剣山です。その名の通りいくつもの尖峰が並んだ険しい岩山。一般登山は禁止の修験者の山です。これは気になる!

b0244424_13493676.jpg

ふと目の前に黒い大きな蝶がヒラヒラ舞いはじめました。動きが速すぎてカメラが後をついていけません。
屋島は台形状なので、山頂部は広く平らでも斜面はとても急です。そのせいか一段と高さを感じます。

b0244424_13561466.jpg

背後は観光ホテル跡と思しき廃墟。不気味に撮れるモードで。歴史と風情のある駅跡と違って建物への魅力は感じられず、興味は湧きましたがここに立ち入る気は起きませんでした。
(もっとも大前提として、立ち入りはいけないんだと思います・・・)

b0244424_14144672.jpg

少し離れた別の展望所から、南西側の風景。高松は大きな街なんだなと実感する眺めでした。



by sukakichi2 | 2014-05-09 14:26 | 伊予・阿波・讃岐

秘密基地の裏側 【四国旅29】

b0244424_21352757.jpg

時間が開いてしまいましたが、屋島山上駅の続編です。怪しげな佇まいの駅舎の裏に回り込んでみると、薄暗い空間に階段状のホームと山麓へ向かって下る線路が健在でした。線路は駅を出てすぐに短いトンネルを抜けています。

b0244424_21393933.jpg

廃止後10年の月日が経過している割に保存状態は良好です。山上の特殊な観光地の、そのまた外れに位置する立地条件でしょうか。
残念ながら山上駅に車両は遺っていませんでした。途中の区間に放置されている可能性はないでしょうから、撤去されたのでしょう。

b0244424_21424524.jpg

ホーム上の駅名票も健在です。少しきれいに掃除すれば、少なくとも外見上はすぐにでも復活できそうに見えてしまいます。

b0244424_21442180.jpg

ケーブルカーの終端ですから、もちろん傾斜した形で終わっています。薮を一掃してしまえば、現役の駅みたいな眺めでした。

b0244424_21482678.jpg

ふたたび駅舎の表側に戻ってみます。駅舎の中には立ち入ることが出来ません。ガラスに貼られた切り文字にも時代が感じられます。

b0244424_21553849.jpg

唐突に自分撮り。駅舎入口に展示されたアート作品に写る駅前風景です。屋島でアートフェスタが開催されていました。
山の上にいくつかの会場が点在し、屋島の外れにある山上駅跡もポイントの一つでした。知らない人は駅跡に驚きそう。

b0244424_21591028.jpg

正面から見ると非常に完成度の高い建築なのですが、サイドに回るとやや建て増したようなバラック感が滲み出ています。

b0244424_223127.jpg

モノクロで撮った引きの駅景。手前に伸びる影と駅の入口の鏡がアート作品。どちらも正体に気づきづらい騙し絵のようですね。




屋島ケーブルの山麓側にも駅跡が遺っているらしいと判明。下山後に訪問してみることにしました。

by sukakichi2 | 2014-05-06 22:07 | 伊予・阿波・讃岐

5月の風景

b0244424_21191867.jpg

近所のツツジが鮮やかな色を見せてくれています。ピンク、赤、紫、白、ミックス。ツツジにも色んなカラーがありますね。

投稿どころか、自分のブログにアクセスも出来ない日々が続いていました。今日の休暇は半分以上眠って過ごしました。
午後モソモソと寝床から這い出して洗濯、掃除、お片づけ。どうにか日のある時間帯に外出して数枚ほど撮影タイム。
ここ10日ほどで大きく風景が変わってしまったことを実感します。ぼんやりしていると季節に置いていかれます。

さてそんな状況から、せっかくいただいたコメントにお返事ができていませんでした。大変失礼いたしました。

by sukakichi2 | 2014-05-02 21:28 | 吉祥寺界隈