人気ブログランキング |

little escape

カテゴリ:横須賀・三浦( 94 )

京急イエローハッピートレイン sanpo

b0244424_18283117.jpg

遅い夏休みを取れたので、実家に帰省しています。横須賀へ向かう電車は、普段赤いはずの京急。なのに派手な黄色い電車⁉︎
これは KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN というレアな列車だそうで、噂には聞いていましたが、初めてのご対面&乗車です。

b0244424_18283134.jpg

周りに人があまりいなかったこともあり、しっかりムービーをおさえてきました。こちらはその切り出し。ドアが銀色で、昔の西武電車みたい。
と思ったら西武鉄道と共同で企画したらしく、西武にも「幸運の赤い電車」が走り、京急そっくりのカラーなんだとか。素敵な話ですね。

黄色い電車の詳細は下記まで。
http://www.keikyu.co.jp/train-info/train/keikyuyellowhappytrain/


by sukakichi2 | 2015-08-19 18:15 | 横須賀・三浦

1月3日 16:26 神奈川県横須賀市大津 sanpo

b0244424_022548.jpg

鮮やかな西の空にカメラを向けました。橙から青へとグラデーションが続くなか、小さな雲が良いアクセントに。

b0244424_0242447.jpg

小さな漁港に突き出た防潮堤は釣りのスポット。しかしわたしにとっては撮影のポイント。夕空を行く飛行機。

b0244424_0263389.jpg

地上では日が沈んで見えても、上空ではまだ陽光を浴びているのでしょう。真っ赤に染まる飛行機が美しいです。

b0244424_0275374.jpg

横須賀から見た横浜方向。ランドマークタワーがよく見えます。手前の猿島は、大型犬が寝そべっているみたい。

b0244424_029991.jpg

対岸は千葉県の木更津や君津あたり。製鉄所の高炉や工場の煙突がクッキリ。左端は富津岬に近い第一海堡の姿。

夕刻の海を見ていると寂しい感情が沸き上がってきますが、同時に旅が恋しくなっている自分を発見したりします。
自分はまたどこか遠くへと出掛けていきたいから、センチメンタルな風景に反応してしまうのか、と勝手に合点。
こうして旅立つための口実を作り上げていくのです(笑) 新年早々、自己を正当化しているわたしです。


by sukakichi2 | 2015-01-07 00:38 | 横須賀・三浦

1月3日 17:02 神奈川県横須賀市走水 sanpo

b0244424_2233280.jpg

走水海岸を望む高台からの続編。17時を過ぎると空が一段と赤みを増してきました。雲もいい具合にかかっています。

b0244424_2284816.jpg

砂浜近くで停泊する小さな漁船。美しい時間。ふと気がつくと、回りにも同じように撮影する人が増えていました。


by sukakichi2 | 2015-01-05 02:48 | 横須賀・三浦

1月3日 16:51 神奈川県横須賀市走水 sanpo

b0244424_1534480.jpg

2日に引き続いて3日も夕方に外出。高台へ向かい海を望めるところに辿り着きました。予想通り富士山が見えました。
停泊する小さな漁船の配置も上手く味方してくれて、いくつかの角度から良い場所を探して構図を決めました。

手前の海は走水(はしりみず)海岸。近くから湧水が出る土地で、横須賀の水道発祥の地。

秋から冬にかけて、この高台の展望地では富士山が綺麗に見えるのです。
16時半頃の日没の後、空が赤く焼ける時間を静かに待ちました。
この日はまずまずの成果でした。


by sukakichi2 | 2015-01-04 02:22 | 横須賀・三浦

1月2日 16:36 神奈川県横須賀市 sanpo

b0244424_2372257.jpg

お正月で里帰り中。「sukakichi(すかきち)」のスカは横須賀のスカ。2日は見事な夕空を見ることができました。

b0244424_23202728.jpg

TVで箱根駅伝を観たり、遅めのお昼を食べたりしてから、夕方近くにようやく外出。空の焼け方を見て急遽、海岸まで。

b0244424_23233341.jpg

少し遅めの到着でしたが、最後の光には間に合いました、海岸沿いの国道に並ぶ照明や南国風の樹木とともに撮影。

b0244424_23312795.jpg

東の空には月が出ています。下方に雲があるだけで孤独な月。ポツンと静かに佇む姿がどこか印象的でした。

b0244424_23362058.jpg

振り返ると西の空は美しさというよりも、神懸かり的な、オドロオドロしいような状況になっていました。

b0244424_0275921.jpg

夕日が落ちてから、「完全に暗くなるまでの間のひととき」というのが、いつも気になってしまいます。
光が失われつつある過程を、ジッと見守っていたくなるのです。少年時代ならば急いで帰るべき時間。
なにか若干の背徳心とともに、夜が持つ真の暗さに対する恐怖への好奇心が働いている気がします。


by sukakichi2 | 2015-01-03 00:44 | 横須賀・三浦

モノクローム富士

b0244424_29884.jpg

劇画タッチで富士を撮影しました。サスペンス的な雰囲気

by sukakichi2 | 2014-08-08 02:13 | 横須賀・三浦

夕刻の富士・パノラマ台より

b0244424_22482327.jpg

鎌倉を取り囲む山々はかつて天然の要害でした。峠の間道は切通と呼ばれ、外から侵入する敵を防ぐ手段として有効でした。
名越の切通にほど近いハイランドと呼ばれる新興住宅地の外れに、富士を望む絶好の展望台がありました。
何度もこの辺りを訪問していたのに、ここのポイントは知りませんでした。秋や冬に再訪してみたいです。
しかし8月上旬でありながら、なんとクリアな空!この日は盛夏らしからぬ空気の澄み具合でした。





by sukakichi2 | 2014-08-06 22:58 | 横須賀・三浦

住宅街の向こうに

b0244424_3121955.jpg

坂道をえんえんと登って、登り詰めたその先に形の美しい山が見えました。思いがけず富士山が見えると嬉しいものです。

by sukakichi2 | 2014-08-06 03:22 | 横須賀・三浦

母の味

b0244424_23561310.jpg

8月最初の投稿は料理の写真から。久しぶりの帰省。どんな名店よりも実家の味が一番美味しいものですね。

by sukakichi2 | 2014-08-04 23:57 | 横須賀・三浦

同好の士 sanpo

b0244424_2351195.jpg

正月の三日、鎌倉・材木座海岸にて。わたしが浜辺に到着した頃、年配の男性が撮影を終えようとしていました。
わたしなどとは違う大きなカメラをお持ちの方で、立派な三脚を立て、静かに風景と向き合っている様子でした。
通い慣れた道を歩くように、素早く撤収の作業をしていました。きっとお近くにお住まいなのかもしれません。

なかなか真似できない芸当ですが、わたしもあのような感じで歳をとれたらいいな、と少しだけ観察してしまいました。

by sukakichi2 | 2014-02-06 23:57 | 横須賀・三浦