人気ブログランキング |

little escape

カテゴリ:備前・備中( 1 )

夏の鉄道風景

b0244424_21391197.jpg

昨年の夏、出雲を旅した帰りに思いつきで途中下車してみました。倉敷と伯耆大山を結ぶ伯備線の途中駅、美袋です。

b0244424_21423840.jpg

「みなぎ」とは、少々難読の駅名です。時が昭和に戻ってしまったような木造の駅舎。青地に白文字がいいですね。

b0244424_2244599.jpg

全景。絵に描いたようなローカル線の駅舎です。よく調べたら、なんと大正14年(1925年)の開通当時のものだとか!

b0244424_2229538.jpg

もちろん、あちこち手は加えられているんでしょうけれど。昭和レベルじゃなかった衝撃・・・登録有形文化財だそうです。

b0244424_2240179.jpg

とくに簡易的な(イコカ対応?)自動改札機が置かれているのは、いかにも現代的。純粋さを求めるならムムムッです。

b0244424_2242475.jpg

駅前のタクシー会社も、かなりイイ感じ!ここは岡山・倉敷の通勤圏に含まれそうなエリア。それだけに意外な風景です。

b0244424_22435563.jpg

よくぞ今まで、建て替えの危機を免れてきたものだと思います。再び降り注ぐ日差し。雲がよく動き、晴れたり曇ったり。

b0244424_2250840.jpg

味わいのある青空。この地域では石灰岩が採れるらしく、駅から見える範囲でも掘削現場がいくつか。やや煤けた風景。
駅頭に立つと、風景にこころなしか一枚の薄皮を被せたような、靄のかかった感じがするのはその影響なんでしょうか。

伯備線はいわゆる「陰陽(おんよう)連絡線」の一つで、重要な動脈です。歴史があるだけに、古い駅が多く残っています。
岡山から乗る東京行きの新幹線の時間まで、かなり余裕を持っていました。発作的な途中下車は、大きな収穫でした。


by sukakichi2 | 2013-08-03 23:02 | 備前・備中