little escape

神岡鉱山前・神岡大橋ほか【北陸2015-09】


b0244424_814740.jpg

神岡のレールマウンテンバイクにはいくつか種類があり、わたしは写真の自転車に乗車しました。
3人組なので友人2人は2人乗りで先行。わたしは側車の付いた1人乗り対応型の電動タイプです。

b0244424_8164471.jpg

折り返し地点の神岡鉱山前で、スタッフの方が自転車を回転させて、復路の行程がスタートします。
写真のように準備ができ次第、続々と発車していきます。漕がない人もいるタイプがあるようです。

b0244424_821228.jpg

そしてわたしの前を行く、標準的な2人乗りタイプ。友人2名に対してスタッフの方が発車合図を出すところ。
タイヤはしっかりとレールの上に乗っていて、そこから外れにくいような構造になっているようでした。

b0244424_824435.jpg

神岡鉱山前の駅名が示す通り、駅の対岸には今も稼働しているという鉱山の施設がよく見えます。
鉄道現役時は、産出された鉱石?などを、この駅から積み出して貨物列車が出発していったそうです。

b0244424_8265825.jpg

復路は全体的に上り坂となり、電動アシストされている1人用でも坂道からの発進が難しく、すこし辛かったです。
トンネルに挟まれた飛騨神岡を過ぎて、短いトンネルを潜り、それを抜けたところで1枚。やはり現役さながら。

b0244424_8293554.jpg

しばらく走ると神岡大橋駅に到着。やや雑草が多いくらいで、ここも今にも列車が走ってきそうな風景です。
後方から元気のよいグループがまた迫ってきました。多人数で一斉に漕ぐとやはりスピードが違います。

b0244424_8315466.jpg

まもなく終着の奥飛騨温泉口駅に戻ります。自分が思いのままに列車を操っているような気分になりました。
廃線の施設を維持管理するのは大変だと思います。どうか営業が繁盛して、順調な経営となることを願います。


Rail MTB 「Gattan Go!!」


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi2 | 2015-09-27 08:35 | 北陸