little escape

深夜のドライブ

b0244424_22472528.jpg

多忙が続く日常のストレスは真夜中の暴走で発散!…というのは嘘で、夜遅くに帰宅したツーリングの途上。

b0244424_22472667.jpg

昔と違って、市街地にあるコンビニが旅人には大変心強い存在です。自宅まであと20km、ささやかな休息。

b0244424_2247275.jpg

全然車が通らない山間部のT字路。辛抱強く待ちます。ふと「二輪はボタンを押して」に気づいて激しく落胆。
(信号機が感応式なのですが、二輪は検知されないのか、歩行者ボタンを押す必要があるようです。)

b0244424_22472764.jpg

これまた遭遇するとストレスになる工事区間の片側通行。対向車も後続車も警備員も不在の静寂。

b0244424_22472877.jpg

夜更けに山間の集落を通り抜けます。エンジン音を響かせて通過するのは申し訳ない思いです。

先日、某街道を走行中に警察のご厄介になってしまいました。外側の車線を走る車が著しく鈍足でイライラしてしまい、追い越し車線を長く走行していました。後方からその様子をすべて見られて「ちょっとお兄さん」という流れに。すべて過ちを認めお詫びしました。ゴールド免許はサヨナラです。

でもこの一言がわたしにはズシリと響きました。「数日前にこの近くで原付が追突される死亡事故があったばかりなんですよ。もしかしたらそれはあなただったかもしれない。どうか交通法規とあなた自身の命を守ってください。」真に迫ったそのメッセージ、確と受け止めました。大いに反省しています。
[PR]
by sukakichi2 | 2015-07-04 22:09 | 少し遠くへ