little escape

K峠の旧道へ4


b0244424_2202873.jpg

ひときわ急なカーブを抜けた先には古めかしい隧道がありました。ひび割れや汚れが隧道の歴史を物語るようです。

b0244424_2214373.jpg

「成月二年五正大」と読める扁額の文字。なんとこれは大正隧道でした。大正5年は西暦1912年。100歳超えです!

b0244424_222446.jpg

八王子市とあきる野市の境界にある小峰峠。一世紀もの年月、人や車を通してきました。今は風が抜けるばかり。

b0244424_2254075.jpg

隧道に入ったときから坑内と反対側の状況が気掛かりでした。しかし照明&綺麗な路面。小峰峠の看板が残ります。

b0244424_2264126.jpg

反対側の坑門。こちら側の方が綺麗ですね。丁寧に積まれた煉瓦、門を思わせる柱。隧道内は補修されたようです。

b0244424_2273437.jpg

今回はあきる野市側から八王子側へ抜けました。隧道を抜けたところで記念撮影。しかし照明設備とは驚きました。

b0244424_229926.jpg

ここまでの道の様子から、きっと荒れ果てていて通れないかもしれないと思ったのですが。遊歩道のようでした。

b0244424_2293657.jpg

八王子側の道を少し進んでみます。隧道から見えた案内標識の裏側は綺麗な状態。まるで現役の道にあるかのよう。

b0244424_22101088.jpg

しかし離れてみればご覧の有様です。生い茂る木々の枝に隠れてしまいました。道自体も状態がどんどん悪化します。

この区間は隘路でしたが、並行して新小峰トンネルが掘られた結果、2002年に旧道化され閉鎖されました。
比較的最近です。大型の路線バスが通行していて、その最終日の模様をレポートしたサイトを見つけました。
下に載せた地図ではまるで現役の道のように描かれていますが、実際は歩行者限定の遊歩道みたいな状況です。





OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH.

[PR]
by sukakichi2 | 2015-06-21 23:15 | 東京日乗