人気ブログランキング |

little escape

はるかな尾瀬4 ~2005年・夏

b0244424_1484382.jpg

尾瀬ヶ原の西端にある山の鼻にて。コバイケイソウ(小梅蕙草)はたいてい黒ずんで汚れているのですが、これは綺麗でした。
よく似たバイケイソウとの違いがイマイチよくわからないのですが、猛毒らしいこと、でも鹿は食べるらしいことを知っています。




b0244424_1585678.jpg

2枚とも早朝、山の鼻にある花畑を散歩したときの写真です。背景はどちらも燧ヶ岳。絵になる形をした山です。
明け方近くまで雨が降っていたようです。瑞々しい植物に囲まれて歩くのは爽やかで、自然と笑顔になります。

b0244424_222828.jpg

日光黄菅も近くで見ると、しおれた花が寄り添っていたり汚れが目立つことが多いです。接写しようとすると唸ってしまいます。
コバイケイソウとは違い、根っこが食べられます。ユリ科と聞いて納得。一日花なので、今日見た花が明日は見られません。

b0244424_220777.jpg

おおっ!中央の黄色はすべて日光黄菅です。あんなに咲いた花が翌日には入れ替わるのに、量はほとんど変わりません。
登山道から遠く離れて、人知れず咲いては散っていく花々。人間がいなくても営まれる自然。当たり前ですけど、素晴らしい。



by sukakichi2 | 2013-06-29 02:35 | 尾瀬